パソコンも消耗品ですから壊れる時は壊れるんです。でも、実際壊れたら大変ですよね。パソコン修理の埼玉ならイザという時に頼りになりますよ。

大切なものを守るために、余分を持たせる、遊びを持たせる、すなわち、冗長性を持たせるということ。
これが、raidデータの本質です。raidデータとは、パソコンがデータを記録するHDDを複数用意することで、突然のデータクラッシュや読み取り不能な問題に対して、事前の対処、あるいは、事後の容易な解決を可能とします。

通常、パソコンのHDDは一つです。これは、まったく冗長性がありません。たった一つしかないHDDが故障してしまえば、その時点で、パソコンの性能が発揮されなくなってしまうからです。復旧も難しく、事前にバックアップを取っていなければ、故障と同時にデータが失われてしまう危険性が高いものです。そして、パソコンにおいてもっとも故障しやし箇所はHDDなので、文字通り、これまでのパソコンは「危険性が高い」パソコンであると言うことができます。

これをもっとも単純に解決したのが、raidデータです。raidは複数台のHDDに分散して記録することで、一つのHDDが故障しても、問題なく稼動し続けることができます。当然、復旧も用意です。一台しかない場合、データ復旧には相応の手間と、専用のソフトが必要になりますが、raidの場合、必要なデータは無事なHDDにすべて記録されているので、故障したHDDを取り替えるだけで復旧が完了します。

大事なものを守るために、切り捨てても良い、冗長性のある部分を作ること。これを、フェールセーフと言います。例えば、電気のブレーカーなどがそうですね。
使っているパソコンの大切なデータを守るためにも、raidデータを使うことを考えてみましょう。

大事なものですから、壊れたらすぐに何とかしたい。raidを早急に復旧させてくれる業者を知っておくことは大切!